からし菜類 leaf mustard(アメリカ) moutarde(フランス) senape(イタリア)

  • 栄養価
  • 栄養価
  • 選び方のポイント
  • 栄養価

アブラナ科 アブラナ属

原産国

国内の主要産地

独特の辛味が特徴のからし菜は9世紀頃に中国から渡来しその多くは関東の南で栽培され主に漬物用に使われている。

からし菜は種子から油と香辛料(マスタード、からし)をとるものはインド、西アジア、来たアフリカで発達し野菜として中国で発達した。

ちなみに沖縄ではタカナのことをシマナーといい、それを料理するとなぜかチキナーという呼び名に変わります。

栄養価

ビタミンB2、C、カロチン、カルシウム、鉄を豊富に含む緑黄色野菜。 シニグリン酸を含むため辛味がある。

効能

消化促進や殺菌作用、骨粗鬆症の予防

ページの上部に戻る

選び方のポイント

根元から葉先までシャキッとしたものがいい。
  • ホーム
  • ブログパーツ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ページの上部に戻る